FUJIFILM カメラとレンズの所有履歴を整理してみた。

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

2021年1月、新春早々に新しいレンズを導入しました。

新しいレンズを導入したこの機会に、今まで所有してきた機材の変遷を、備忘録として整理してみました。

さっそく、ご紹介します。

スポンサーリンク

カメラとレンズの変遷

2017年

ニコンのフルサイズ一眼レフD750のサブカメラとして、以前から興味のあった軽量ミラーレスカメラのFUJIFILM X-T20とXF18-55mmを購入しました。

X-T20とXF18-55mmの組み合わせは、フルサイズと比べて小型軽量で使いやすく、持ち出す頻度は、メインカメラのニコンより多くなってしまいました。

<IN>カメラ:FUJIFILM X-T20、レンズ:XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

2018年

2月

ニコンのフルサイズカメラと所有レンズのすべてを下取りに出して、富士フイルムに乗り換えました。

富士フイルムで評判の良い単焦点レンズを4本追加購入しました。

<IN>レンズ:XF16mmF1.4 R WR、XF23mmF1.4 R、XF35mmF1.4 R、XF56mmF1.2 R

5月

広角域の明るい単焦点レンズを購入したものの、単焦点レンズは私には使い方が難しく、使い勝手の良い広角ズームレンズに変更することにしました。

<IN>レンズ:XF10-24mmF4 R OIS

<OUT>レンズ:XF16mmF1.4 R WR

8月

望遠ズームレンズを追加購入しました。

<IN>レンズ:XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

9月

カメラをX-T3にグレードアップ。資金捻出のため、XF23mmF1.4 R、XF56mmF1.2 Rを下取りに出してしまいました。

<IN>カメラ:FUJIFILM X-T3

<OUT>カメラ:FUJIFILM X-T20、レンズ:XF23mmF1.4 R、XF56mmF1.2 R

11月

X-T3導入時に手放したレンズの替わりに、軽量単焦点レンズのXF23mmF2 R WR、XF50mmF2 R WRを購入しました。

<IN>レンズ:XF23mmF2 R WR、XF50mmF2 R WR

2018年12月の所有レンズの構成

単焦点3本、ズームレンズ3本の合計6本になりました。

2019年

11月

X-T3のサブカメラとして、X-T30を購入しました。2台体制になってレンズ交換の煩わしさから解放されました。

<IN>カメラ:FUJIFILM X-T30

2020年

11月

X-T3を下取りに出して、手ブレ補正機能と高速・高精度AF機能を搭載したX-S10を導入しました。

<IN>カメラ:FUJIFILM X-S10

<OUT>カメラ:FUJIFILM X-T3

2021年

1月

手ブレ補正機能と高速・高精度AF機能を搭載したX-S10の導入で、一度手放した明るい単焦点レンズをまた使ってみたくなりました。キャッシュバックキャンペーンを利用して導入しました。

<IN>レンズ:XF23mmF1.4 R、XF56mmF1.2 R

<OUT>レンズ:XF23mmF2 R WR、XF50mmF2 R WR

2021年1月の所有レンズの構成

f値の明るい単焦点3本とズームレンズ3本の合計6本になりました。レンズ沼から卒業です。

まとめ

こうして整理してみると、いろいろとまわり道をしていることに改めて気づかされました。

今回の2本の単焦点レンズの導入で、私の使い方(主に人物や風景撮影)に適した機材に再整理することができたと思っています。

当面、機材の購入は必要なさそうなので、しばらくこのレンズの構成で、撮影を楽しみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました