FUJIFILM XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRを新発売。

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

やっと、待ちに待ったレンズが発売されます。

そのレンズは、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR。超望遠ズームと小型軽量を両立した焦点距離70mm-300mmをカバーするズームレンズです。

発売時期は3月。2月1日から予約開始となっています。

春の行楽シーズンや桜の季節に間に合うタイミングでの発売開始ですから、今から発売日が待ち遠しいですね。

では、さっそく、その概要を紹介します。

スポンサーリンク

製品名、発売時期、価格

製品名:「フジノンレンズ XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」

発売時期:2021年3月

希望小売価格(税別):110,000円

主な仕様

型番XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR
レンズ構成12群17枚 (非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)
焦点距離f=70-300mm (35mm判換算:107-457mm相当)
画角22.9°-5.4°
最大口径比(開放絞り)F4-F5.6
最小絞りF22
絞り形式
羽根枚数9枚
ステップ段差1/3ステップ(全16段)
最短撮影距離0.83m
最大撮影倍率0.33倍(W端)
外形寸法:最大径×長さ*1(約)Ø75mm x 132.5mm(W端)
Ø75mm x 205.5mm(T端)
質量*2(約)580g
フィルターサイズØ67mm

*1 先端よりマウント基準面まで *2 レンズキャップ・フード含まず

製品の主な特長

幅広い撮影領域をカバーし多彩な写真表現を楽しめる超望遠ズームレンズ

  1. 非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚を含む12群17枚のレンズ構成を採用し、中望遠70mm-超望遠300mm(35mm判換算:107mm-457mm相当)の焦点距離を備えたズームレンズ。
  2. テレコンバーター「XF2X TC WR」「XF1.4X TC WR」に対応。なかでも「XF2X TC WR」との組み合わせでは、焦点距離140mm-600mm(35mm判換算:213mm-914mm相当)をカバーすることができる。
  3. 最短撮影距離83cm(ズーム全域)、最大撮影倍率0.33倍(35mm判換算:約0.5倍相当)を実現し、迫力のあるマクロ撮影が可能。クレジットカードと同じサイズの被写体を全面に写すことができ、植物や昆虫など小さな被写体を大きく写したダイナミックな写真を撮影可能。
  4. 「XF2X TC WR」装着時では、最大撮影倍率0.66倍(35mm判換算:約等倍相当)を実現。

70mm

300mm

600mm

小型軽量により高い機動力を発揮

  1. 最大外径75mm、長さ132.5mm、質量約580gの小型軽量を実現。スポーツ撮影をはじめ、飛行機・列車・野生動物など動く被写体の撮影などで高い機動力を発揮。
  2. 現在発売中の「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR」、デジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」をセットで利用すれば、広角16mm-超望遠300mm(35mm判換算:24-457mm相当)の幅広い領域を、総重量1,500gを切る軽量カメラシステムでカバーできる。

5.5段分の手ブレ補正機能を搭載

  1. 5.5段分の強力な手ブレ補正機能を搭載しているため、手ブレの影響を受けやすい望遠撮影が快適。
  2. 「FUJIFILM X-T4」や「FUJIFILM X-S10」などのボディ内手ブレ補正機能と組み合わせることで、5軸手ブレ補正が可能。マクロ撮影時に生じやすいシフトブレを抑制し、シャープな写真を撮影可能。

高速かつ静音なAFを実現

  1. リニアモーター駆動方式を採用することで、高速かつ静音なAFを実現。スポーツ撮影などで素早く動く被写体にも瞬時にピントを合わせることができ、決定的瞬間を逃しません。また、「XF1.4X TC WR」「XF2X TC WR」装着時でも高速AFが可能であるため、快適な撮影をお楽しみいただけます。

防塵・防滴・耐低温構造を採用

  1. 鏡筒の10ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。急な悪天候や土埃が舞う環境にも対応し、安心してご使用いただけます。

まとめ

現在、XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを所有していますが、300mmはとても魅力を感じます。

販売価格も私が予想していたよりリーズナブルなお値段です。レンズの大きさも思っていたより、大きくなさそうで扱いやすい印象です。

レンズ沼から脱出したはずなのに。。。。。。。。

タイトルとURLをコピーしました