FUJIFILM 2021年 XF23mmF1.4とXF56mmF1.2の導入でレンズ沼から脱出!

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

2021年、新春早々ですが、新しいレンズを導入しました!!!

今回、導入したのは、「XF23mmF1.4 R」と「XF56mmF1.2 R」です。

事情があって一度手放したのですが、また導入することにしました。

XF23mmF1.4 Rは2013年、XF56mmF1.2 Rは2014年に導入されたレンズで、いずれも、その性能の高さでプロにも人気のレンズです。導入に当たっては、所有していたXF23mmF2とXF50mmF2を下取りに出しました。

さっそく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージはいつものブラックパッケージ。高級感があり、気持ちが高まりますね。

XF23mmF1.4 R

パッケージを開けると、上段に保証書や取扱説明書などが入っています。それらを取り出すとレンズとフードが出現します。

XF56mmF1.2 R

XF56mmのレンズも同様です。パッケージを開けると、上段に保証書や取扱説明書などが入っています。それらを取り出すとレンズとフードが出現します。

主な特長

XF23mmF1.4 R

やはりいちばんの特徴はF1.4の明るさと画質の高さです。

  • レンズ構成 8群11枚(非球面レンズ1枚)
  • 焦点距離 f=23mm(35mm判換算:35mm相当)
  • 最大口径比(開放絞り) F1.4
  • 最小絞り F16
  • 最短撮影距離 28cm
  • 外形寸法:最大径×長さ(約)ø72mm×63mm ※先端よりマウント基準面まで
  • 質量(約)300g ※レンズキャップ・フード含まず
  • フィルターサイズ  ø62mm

XF56mmF1.2 R

いちばんの特徴はF1.2の明るさと画質の高さとボケの美しさです。ポートレートに最適のレンズ。

  • レンズ構成 8群11枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)
  • 焦点距離 f=56mm(35mm判換算:85mm相当)
  • 最大口径比(開放絞り) F1.2
  • 最小絞り F16
  • 最短撮影距離 70cm
  • 外形寸法:最大径×長さ(約)ø73.2mm×69.7mm ※先端よりマウント基準面まで
  • 質量(約)405g ※レンズキャップ・フード含まず
  • フィルターサイズ ø62mm

まとめ

キャッシュバックキャンペーンの対象期間ギリギリでの導入となりましたが、今回の導入で、私の使い方(人物や風景撮影主体)にあった所有機材に再整理することができたと思っています。

富士フイルムにマウントを変更してから、紆余曲折ありましたが、これでしばらく新しい機材の導入はないと思います。

やっと、レンズ沼から脱出できそうです。

忘れないうちに、キャッシュバックキャンペーンの申請書類を準備して送っておきます。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました