FUJIFILM X-S10とX-T30の設定を使いやすく変更してみた。

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

最近、FUJIFILM X-T3を X-S10に入れ替えて、X-S10とX-T30の軽量・コンパクトな2台体制になりました。

FUJIFILM X-S10の入れ替えについては、こちらに投稿しています。

FUJIFILM X-S10 が我が家にやって来た!小型軽量、手ブレ補正6段の高性能。
こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。 「X-S10」が、さっそく我が家にやって来ました。所有していた「X-T30」と「X-T3」のどちらと入れ替えようかと、いろいろ悩んだ結果、「X-T3」と交換することにしまし...

X-S10への入れ替えにともない、2台の設定を使いやすく変更しましたので、さっそくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

X-S10とX-T30の撮影モード変更の違い

ご存じの方も多いと思いますが、新しく発売されたFUJIFILM X-S10は、従来のFUJIFILMのカメラとモード変更の操作が違います。

FUJIFILMでは当たり前となっている絞りとシャッタースピードのダイヤルの組み合わせによるモード変更から、SONYやキャノン、ニコンなどのカメラと同じように、一般的なモードダイヤルによるモード変更に変わりました。

FUJIFILM X-S10とX-T30との2台を使うにあたって、操作性に関しては、なるべく統一しておいたほうが、撮影の際にあれこれ迷うことも少なくなり、シャッターチャンスを逃すという失敗も防げます。

そこで、今回、自分が使いやすいように、特に操作系について、タイプの違う2台の設定をいろいろ変更してみました。

ダイヤルの違い

まず、大きな違いは天板にあるダイヤルの違いです。

X-T30では、天板右側は「露出補正ダイヤル」「シャッタースピードダイヤル」、天板左側は「ドライブダイヤル」となっています。

X-S10では、天板右側は「モードダイヤル」「リアコマンドダイヤル」、天板左側は、「Fn(ファンクション)ダイヤル」になっています。X-T30であった「露出補正ダイヤル」「シャッタースピードダイヤル」は見当たりません。

X-T30で行っていたダイヤルでの操作は、X-S10では次のような操作に変更になっています。

X-T30:「ドライブダイヤル」 ☞ X-S10:背面の左上にある「ドライブボタン」

X-T30:「露出補正ダイヤル」 ☞ X-S10:「リアコマンドダイヤル」

X-T30:「シャッタースピードダイヤル」 ☞ X-S10:「フロントコマンドダイヤル」

X-S10であらたに装備された天板左側の「Fn(ファンクション)ダイヤル」は、「フィルムシミュレーション」機能が初期設定されています。

そして、「モードダイヤル」のモード変更に応じて、「フロントコマンドダイヤル」は、シャッタースピード、絞り、プログラムシフト、フィルムシミュレーション機能が自動で切り替わり、「リアコマンドダイヤル」は、露出補正、シャッタースピードが自動で切り替わる仕組みになっています。

残念ながらこれらの機能は自由に設定変更できないようになっています。このような制限がありますが、操作性をそろえるため、私なりに変更した設定内容を項目別にご紹介いたします。

コマンドダイヤル設定

X-T30

変更できないX-S10に合わせるため、X-T30の設定を変更します。X-T30では、「フロントコマンドダイヤル」と「リアコマンドダイヤル」の機能を個別に設定できますので、非常に便利です。

フロントコマンドダイヤル

フロントコマンドダイヤル1に「S.S.シャッタースピード/プログラムシフト」、ダイヤル2に「F(絞り)」、ダイヤル3は「なし」で設定。これで、ワンプッシュでシャッタースピードと絞りの切り替えが可能になります。

リアコマンドダイヤル

露出補正に設定し、露出補正ダイヤルのポジションはCに変更しました。ファンクションボタンの「リアコマンドダイヤル中央押し」を「感度(ISO)」に変更すれば、ワンプッシュで「露出補正」と「感度(ISO)」の切り替えができるようになって、とても便利になります。

ダイヤル設定
フロントコマンド
ダイヤル1
S.S.(シャッタースピード/プログラムシフト)
フロントコマンド
ダイヤル2
F(絞り)
フロントコマンド
ダイヤル3
なし
リアコマンド
ダイヤル
露出補正(露出補正ダイヤルはC)

X-S10

初期設定のまま変更していません。

フォーカスレバー設定

X-T30

ONに設定しました。

X-S10

X-S10は、フォーカスレバーの押下時と通常時で、機能を別々に設定できます。

フォーカスレバー押下

初期設定は「拡大/縮小」(フォーカスチェック)でしたが、「フォーカスエリア選択」に変更しました。ワンプッシュでフォーカスエリアの選択画面が表示されフォーカスエリアを選択できます。「拡大/縮小」(フォーカスチェック)は、AE-Lボタンに移動しました。

フォーカスレバー(通常時)

初期設定は「フォーカスエリア選択」でしたが、「AFポイントダイレクト移動/顔セレクト」に変更しました。撮影画面のままフォーカスエリア位置を移動でき、「顔検出/瞳AF設定」がONのとき、ピントを合わせる顔を選択できるようになります。

ファンクションボタン設定

基本的には、X-T30とX-S10にある同じボタンには同じ機能を設定しました。そのほか気を付けたのはボタンの位置です。なるべく同じ機能は同じような位置にあるボタンに設定を変えました。

2台でボタンの位置が違いすぎると、暗いところでの撮影や2台を持ち替えたときに戸惑うことがあるからです。

X-T30

何かの拍子に手や指があたってしまう「Qボタン」には「顔セレクト」を設定しました。ONになっていたら、撮影するときにすぐわかりますし、ワンプッシュでOFFにできます。

Qボタンは、位置的にどうしても知らないうちに触ってしまい、変更されやすいボタンですので、撮影に直接影響する機能を設定しないほうが良いと思います。

他には「RAW」を設定しておくのも良いかもしれません。ONになっていても、1枚撮影したらOFFになって元に戻ります。

青字が変更した機能です。(全部、変更していました。。。)

ファンクションボタン機能
Fn1ボタンQメニュー
Qボタン顔セレクト
AE-Lフォーカスチェック
AF-LAF-ON
T-Fn1(液晶画面上フリック)顔検出ON/OFF
T-Fn2(液晶画面左フリック)フィルムシミュレーション
T-Fn3(液晶画面右フリック)ホワイトバランス
T-Fn4(液晶画面下フリック)AFモード
リアコマンドダイヤル中央押し感度(ISO)

X-S10

X-S10の「Fnボタン」は、「ホワイトバランス」から、X-T30と同じ「VIEW MODE 設定」に変更しました。

前面にあった「フォーカスモード切替レバー」がなくなったので、動画をあまりとらない私は、動画撮影ボタンに「フォーカスモード」を設定しました。これでファインダーをのぞきながら、フォーカスモードを変更できます。

X-T30でもファンクションボタンに「フォーカスモード」を設定できると使いやすくなると思うのですが、ファームウェアのアップデートで対応してほしい機能です。

Fn(ファンクション)ダイヤルは、マニュアル撮影時も露出補正できるように、「デフォルト」から「デフォルト(Mモード時露出補正)」に変更しておきました。

青字が変更した機能です。

ファンクションボタン機能
FnボタンVIEW MODE 設定
ISOボタン感度(ISO)
◎(動画撮影)ボタンフォーカスモード
QボタンQメニュー
AFONAF-ON
AELフォーカスチェック
T-Fn1(液晶画面上フリック)顔検出ON/OFF
T-Fn2(液晶画面左フリック)フィルムシミュレーション
T-Fn3(液晶画面右フリック)ホワイトバランス
T-Fn4(液晶画面下フリック)AFモード
Fn(ファンクション)ダイヤルデフォルト(Mモード時露出補正)

Qメニュー設定

X-T30

初期設定から上段は配置を変更しました。動きのある被写体の場合に、速やかにAFの設定を変えられるよう③AFモードと⑭AF-Cカスタム設定に変更しました。青字が初期設定から変更したメニューです。

X-T30 Q(クイック)メニュー設定
①カスタム設定②ホワイト
バランス
③AFモード④ダイナミック
レンジ
⑤ノイズ
リダクション
⑥画像サイズ⑦画質モード⑧フィルム
シミュレーション
⑨ハイライトトーン⑩シャドウトーン⑪カラー⑫シャープネス
⑬セルフタイマー⑭AF-C
カスタム設定
⑮フラッシュ
機能設定
⑯EVF/LCD
明るさ

X-S10

初期設定は、静止画撮影時のQメニューの表示数が12となっていたので、見慣れたX-T30に合わせて16に変更しました。(これはX-T30にはない機能です。)

初期設定から変更したのは、X-T30と同様の場所に⑭AF-Cカスタム設定を設定しただけです。青字が初期設定から変更したメニューです。

X-S10 Q(クイック)メニュー設定
①撮影モード②フォーカス
モード
③AFモード④ダイナミック
レンジ
⑤高感度ノイズ
低減
⑥画像サイズ⑦画質モード⑧フィルム
シミュレーション
⑨ハイライトトーン⑩シャドウトーン⑪カラー⑫シャープネス
⑬セルフタイマー⑭AF-C
カスタム設定
⑮フラッシュ
機能設定
⑯EVF/LCD
明るさ

まとめ

とりあえず、あれこれとメニューを操作して、ほぼ同じような設定に変更することができました。しばらく、この設定で使ってみて、使いにくいようだったら変更しようと思います。

とはいえ、コロナウィルスが急激に拡大しているので、年末年始はおとなしくしておくしかなさそうです。

皆様もくれぐれもご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました