旅行や風景写真はこれ1本!FUJILILM XF10-24mm F4 R OIS

XF10-24mm 趣味・ホビー
スポンサーリンク

風景写真だけでなく、街中でのスナップでも重宝する万能レンズ

こんにちは!「ひろ」です。

FUJIFILMの大ファンとして、FUJIFILMの広角レンズの代表「XF10-24mm F4 R OIS」のレンズを半年間ほど使用し、撮影してきました。その感想や良い点、悪い点をまとめたいと思います。

FUJIFILM XF10-24mm F4 R OIS

FUJIFILMで大三元の広角レンズがついに出るとすでに噂がありましたが、広角レンズがないと不便なことも多いのでその前に購入しました。個人的にはかなり重宝して使っています。

買っていなければ、いろいろなシャッターチャンスを逃したと今では思っています。風景写真を撮る方、建物などを撮る方には必須レンズです。

広角を使うタイミング

広角レンズは広い場所で使うと、風景をよりダイナミックに見せることができます。また逆に、狭いところでもより広い画角を撮りたいというときに有効です。

例えば建物の中や風景。風景を撮るなら広角レンズですね。ほかにも、これからの季節では花火など、会場の近くで撮る場合は必ず必要になるのではないかと思います。

10-24mmの解像感と描写の素晴らしさは、他のメーカーに負けておらず、むしろ以前使っていたNikonのものより良く感じます。

スペック

<XF10-24mm F4 R OISの仕様>
レンズ構成:1014
焦点距離:10-24mm(35mm換算 15-36mm)
最大口径比:F4
最小絞り:F22
最大撮影倍率:0.16倍(テレ端)
質量:410g
フィルター径:72mm
羽根枚数:7枚(円形絞り)

このレンズのすごいところは2点。焦点距離が35mm換算で15-36mm!そしてこの軽さ!
私はFUJIFILMに乗り換えるまでは他社のフルサイズのカメラを使用していましたが、APS-Cのセンサーサイズでここまでの画角をカバーできるとは思いもしませんでした。

とにかく軽い

これならフルサイズの重たいレンズ持たなくても、気軽に撮影ができます。山や観光に行ったときには、よく歩きますが、本当に重宝しています。

レンズが大きくて重いと本当に負担ですが、とても軽いので首にカメラをかけていても肩が凝りません。こんなに軽いのに本当にいい写真撮れるの?と不安になるほど軽いです。

フルサイズ換算15mmなのに円形フィルターの取り付けが可能

フィルターはいろんな場面で使うことが多く、広角でも使う機会が多いです。PLフィルターを使って水面の反射を消、NDフィルターを使ったり用途は様々です。フルサイズ機用の広角レンズは出目金、つまり円形フィルターをつける事ができません。

最近発表されたXF8-16mmのレンズも出目金のためフィルターを付けることができません。角型のガラスでできたフィルターがありますが、一般的なフィルターと比較するとかなり高額です。

それに比べて、円形フィルターは角型より安価で手に入れやすいです。円形フィルターを付けることのできる広角レンズXF10-24mmは助かります。

まとめ

良い点
・レンズが軽いので気軽に持ち運ぶ事ができる
・超広角でもフィルターがつけられる
・空気感まで写りそうな解像度
・AFも早い
・手ぶれ補正がついている
・焦点距離が36mmまであるので標準域でも使える。
・太陽に向けてもフレアが出にくい

悪い点
・広角特有の歪みが端に出る

これぐらいしか悪い点が出てきませんでした。歪みも撮り方を工夫すれば気になりません。デザインは黒で統一され、フォルムもかっこいい!!コンパクトでいつも持ち歩いています。

風景写真問わず、街中でスナップするときなども使用します。このレンズは良き相棒になってくれること間違いなしです。FUJIFILMユーザーの方に、XF10-24mmをおすすめします。

2019年8月追記

富士フイルムのズームレンズに関する記事を投稿しました。よろしければこちらもご覧ください。

初心者の方にもお薦め!富士フイルムの「小三元レンズ」3選+1!

タイトルとURLをコピーしました