運動会やイベントに必携のレンズ! FUJIFILM XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

XF55-200mm 趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」です。

富士フイルムのXマウントは単焦点レンズというイメージが強いカメラです。私も単焦点レンズから富士フイルムの世界に足を踏み入れ、望遠域のレンズの入手は後回しになっていました。ようやく入手しましたので、今回「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」の使用感などを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

トータルバランスが良い「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 」

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISのスペック

型番:XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
焦点距離:f=55 – 200mm(35mm判換算:84 – 305mm相当)
最大口径比(開放絞り):F3.5 – F4.8
最小絞り:F22
最大撮影倍率:0.18倍(テレ端)
外形寸法:最大径×長さ(約)ø75mm×118mm(ワイド端)/177mm(テレ端)
質量(約):※レンズキャップ・フード含まず580g
フィルターサイズ:ø62mm

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISは、フルサイズ換算で84~305mm相当をカバーする望遠レンズです。スペック表でまず目を引くのが、明るいf値と0.18倍の最大撮影倍率です。思ったよりも寄れます。580gのズームレンズは決して軽くはないので、大き目のボディ(X-T3など)で使用する場合でもサイズ的にしっくりきます。

ズームするとびっくりするぐらい全長が伸びます。鏡胴が伸びるのが好みではない方は、インナーズームを選ぶしかないですね。こだわりがある方はXF50-140㎜f2.8の選択となります。(ただし、お高くなります。)

同じ価格帯の一般的なズームレンズより明るい設計

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISの良いところは、f2.8通しのズームレンズほど明るくないですが、広角端でf3.5、望遠端でf4.8と比較的明るいレンズだということです。

他社の同じ価格帯クラスのズームレンズは、NikonではAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR、キャノンではEF70-300mm F4-5.6 IS II USMだと思いますが、いずれもf値が暗いものがほとんどです。

望遠レンズの明るさは気にしないと言われる方もいらっしゃいますが、f値は少しでも明るいほうが色々な場面に対応することができるので使用頻度も多くなります。明るいことでシャッタースピードを稼ぐことが出来るので、特に動きのある被写体の撮影では重宝します。体育館などの屋内撮影でも、レンズの明るさのメリットを感じることができます。

望遠レンズを後回しにしてなかなか手に入れられなかったのですが、いざ使ってみると望遠レンズにしかできない表現というのがあることに改めて気づかされます。普段のスナップで換算300mmのレンズはおかしいと思われるかもしれませんが、いつもと違った視点で構図を作れるのでとてもたのしいです。

とにかく換算で300mmくらいあると遠くで遊んでいる子供をぐんと引き寄せて写せますし、望遠レンズならではの距離が詰まって見える圧縮効果というものも久しぶりの感覚でとても新鮮です。

単焦点が大好きな私ですが、この描写力のXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISをもっと早く手に入れておけば良かったと少し後悔しました。

フルサイズ換算300mmの焦点距離は必要?

私のフィルムカメラ時代からの経験から言えば、運動会などでの使用を考えると換算300mmくらいのレンズがあったほうが便利です。おそらく望遠レンズの購入を検討する方は、お子さんがいらっしゃって、運動会とか体育館での発表会とかそういった行事を視野にいれて検討する方が多いと思います。

幼稚園や保育園の運動会など園庭ぐらいの広さなら、換算200mmでもなんとか対応できるかもしれませんが、小学校など広い校庭になると全く役に立たないと思います。

富士フイルムでの候補レンズは以下の通りになります。
XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR + テレコン
XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

下の2本はかなり高額です。さらにXF50-140mmf2.8の場合はテレコンまで必要になります。XC50-230mmf4.5-6.7は価格も比較的リーズナブルで、焦点距離は標準域から望遠域まで幅が広くて便利そうですが、どうしても暗いレンズになってしまいます。屋外の撮影ならまだしも、体育館などの室内だと少しでも明るいレンズが必要になってきます。その時に買い替えるのも無駄になります。

富士フイルムのなかで、いろいろな条件で比較してもバランスが良いのは最終的に「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 」になると思います。

お勧めの方

このような方にちょうどよいのではないかと思います。

1.望遠レンズの使用頻度はあまり高くないけど行事用にそろそろ購入を考えている方
2.入学式や運動会など子供さんの行事を予定している方
3.良いレンズが欲しいが、予算的に望遠レンズに高額な予算はかけられないと思っている方

2019年8月追記

富士フイルムのズームレンズに関する記事を投稿しました。よろしければこちらもご覧ください。

初心者の方にもお薦め!富士フイルムの「小三元レンズ」3選+1!

まとめ

価格と性能のバランスの取れたお買い得な望遠レンズだと思います。XF55-200mmf3.5-4.8を入手して撮影の幅が広がりました。描写性能に関してはさすが富士フイルムという感じで、キチっと解像して緩くならないところがいいと思います。総合的に判断してかなりお買い得なレンズだと思います。あとはレンズよりも私の腕を磨くだけという感じです。

タイトルとURLをコピーしました