富士フイルムX-T3のファームウエアをVer.3.00へアップデート!

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」です。

富士フイルムX-T3を使い始めて、まだ約8ヶ月しか経っていませんが、その間に、Ver.1.00 ⇒ Ver.1.01 ⇒ Ver.1.02 ⇒ Ver.2.00 ⇒ Ver.2.10とユーザーの声を反映した改善や性能向上が、ファームウエアのアップデートとして行われました。

4月16日にファームウエアVer.3.00がリリースされたのでさっそくアップデートしました。特に今回のAF関連のアップデートは本当に素晴らしく、購入した時と比べると格段に使いやすくなり、まるで別のカメラに生まれ変わったような感じです。

スポンサーリンク

ファームウエアVer3.00の主な変更点

顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上

アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性・安定性がさらに強化されています。遠くにある小さな顔への検出性能は約30%向上。遮蔽物が顔を横切った際にも安定して追従します。静止画はもちろん、動画撮影時の性能も大幅に改善しています。

新機能「顔セレクト」を搭載

顔検出ON時に複数の人がいた場合、合焦・追従・露出を合わせる顔を選択できる「顔セレクト」機能を新たに搭載しています。タッチ操作、もしくはフォーカスレバーで任意の顔を選択することができます。

距離が離れた被写体へのAF合焦スピードの向上

アルゴリズムの改善により、遠距離から近距離、もしくは近距離から遠距離にフォーカスを合わせる際のAF合焦スピードが大幅に向上します。

タッチパネルの使い勝手・反応速度向上

タッチパネル設定に「ダブルタップ拡大」、「タッチファンクション」のON/OFFを選べる機能(*1)を追加。設定をOFFにすることでタッチパネルの反応速度が向上し、より快適にタッチショット、AF、フォーカスエリア選択などを行うことができます。

(*1)初期設定では「タッチパネル設定」、「ダブルタップ拡大」、「タッチファンクション」すべてがOFFになっています。

瞳検出時顔枠表示変更

瞳AF時に瞳枠のみを表示します。

EVF時タッチパネル操作追従性改善

EVF時のAF/MFエリア移動のタッチパネル操作の追従性が改善しました。

フリッカー低減連写速度改善

フリッカー低減のメニューがON/OFFから全コマ/1コマ目のみ/OFFの三択に変更になり、1コマ目のみを選択したときのCH連写の速度が改善しました。

スマートフォン経由でカメラのファームウエアをアップデート

X-T3はスマートフォンやタブレットでダウンロードしたカメラ用ファームウエアのデータをカメラに転送して、カメラのファームウエアをアップデートすることができます。

これは非常に便利な機能で、SDカードを抜き差ししてPC経由でデータをやり取りする必要がないので簡単にアップデート作業を行うことができます。特にボディケースを装着している場合にはケースの取り外しと再装着も必要ありませんので非常に助かります。

ご参考までに富士フイルムのHPに掲載されているスマートフォン経由でのアップデート方法を抜粋して紹介しておきます。私はいつもこの方法でアップデートしています。是非お試しください。

カメラ用ファームウエアデータのダウンロード

スマートフォンやタブレットでインターネットに接続し、FUJIFILMのWebサイトからカメラ用ファームウエアデータをダウンロードします。

1.対象のファームウエアデータが公開されると、スマートフォンにお知らせが表示されます。

 

2.実行をタッチするとファームウエアデータのダウンロード開始画面が表示されます。複数のカメラファームウエアデータが表示されている場合は、対象となるカメラを選択してください。

3.ダウンロードをタッチし、表示された使用許諾契約画面の内容を確認します。

4.同意するをタッチすると、ダウンロードを開始します。

5.ダウンロードが終わると、アップデートの画面が表示されます。

ファームウエアデータをカメラに転送

ダウンロードしたファームウエアデータを、スマートフォンからカメラに転送します。

1.対象カメラの電源をオンにします。

2.スマートフォン側でアプリ画面のアップデートをタッチすると、転送を開始します。

3.カメラにファームウエア更新の確認画面が表示されます。

実行を選ぶと、無線LANへの切り替え画面が表示されます。

iOSの場合はカメラとの接続を促す画面が表示されます。設定を開くをタッチして、接続するカメラを選択してください。Androidの場合、この操作は不要です。

4.スマートフォンからカメラにファームウエアデータが転送されます。

スマートフォン

カメラ

カメラファームウエアのアップデート

転送されたファームウエアデータでカメラのファームウエアをアップデートします。

1.データ転送が完了するとスマートフォンとカメラの無線接続が切断され、カメラ側で自動的にアップデートが始まります。

2.アップデート完了後、スマートフォン側でアプリ画面のOKをタッチすると元の画面に戻ります。

タイトルとURLをコピーしました