FUJIFILM XF33mmF1.4 R LM WR。新世代「大口径プライム」シリーズ新発売。

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

富士フイルムから、新しい単焦点レンズが発売されます。

そのレンズは、XF33mmF1.4 R LM WR。標準33mm(35mm判換算:50mm相当)の焦点距離を持つ大口径単焦点レンズです。

圧倒的な解像性能と開放F値1.4の明るさを実現し、静音かつ高速・高精度なAFを可能とした、新世代「大口径プライム」シリーズの1本となります。

XF18mmF1.4 R LM WRに続く2本目となるこのレンズの発売時期は2021年9月29日。

はたして、神レンズといわれる「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」(現行モデル)に対して、どのような描写、表現力を見せてくれるのでしょうか?

現行モデルを所有しているユーザーの皆さんも、とても気になっているレンズではないでしょうか?

発売日が待ち遠しいですね。では、さっそく、その概要を紹介します。

スポンサーリンク

製品名、発売時期、価格

製品名発売日希望小売価格(税込)
「フジノンレンズ XF33mmF1.4 R LM WR」2021年9月29日115,500円

主な仕様

型番XF33mmF1.4 R LM WR
レンズ構成10群15枚 (非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚)
焦点距離f=33mm (50mm)
画角46.6°
最大口径比(開放絞り)F1.4
最小絞りF16
絞り形式
羽根枚数9枚
ステップ段差1/3ステップ(全22段)
撮影距離範囲30cm-∞
最大撮影倍率0.15倍
外形寸法:最大径×長さ*1(約)Ø67mm x 73.5mm
質量*2(約)360g
フィルターサイズØ58mm

*1 先端よりマウント基準面まで *2 レンズキャップ・フード含まず

 

【参考】現行モデル「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」

FUJIFILM XF35mmF1.4 R 絶対に買っておきたい「神レンズ」!
こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。 富士フイルムの「フジノンレンズ」は、フィルムカメラの時代から優れた描写性能で知られています。そして、2012年にミラーレスカメラであるXシリーズとともに誕生したXマウントレ...

製品の主な特長

画像中心部から周辺部まで圧倒的な解像性能を発揮

  1. 非球面レンズ2枚とEDレンズ3枚を採用した10群15枚のレンズ構成により、色収差や球面収差を徹底的に抑制。画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮。
  2. 最後部に非球面レンズ1枚を配置するとともに、非球面レンズ1枚とEDレンズ2枚を含むフォーカス群を中間部に配置。フォーカス群を一度に駆動させることで収差変動を抑え、最短撮影距離から無限遠まで高画質撮影が可能。
  3. 開放F値1.4の明るさを実現。夜間の屋外や室内など光量の少ない撮影シーンでも、手ブレやノイズを抑制した高画質な写真を撮影可能。
  4. 浅い被写界深度を生かした豊かなボケ味と、ピント面の高精細な描写により、被写体を際立たせた立体的な表現も可能。

標準33mmの焦点距離を備え自然な遠近感を生かした撮影が可能

  1. 人間の視野に近い標準33mm(35mm判換算:50mm相当)の焦点距離を備えているため、自然な遠近感を生かしたポートレート撮影やスナップ撮影などに最適。
  2. 最短撮影距離約30cm、最大撮影倍率0.15倍(35mm判換算:約0.2倍相当)を実現。1本で多彩な写真表現を可能とする汎用性の高いレンズ。

高速・高精度AFとコンパクト設計により高い機動力を実現

  1. リニアモーターにより小型軽量なフォーカス群を駆動させるインナーフォーカス方式を採用。フォーカス群の移動する範囲を短く設計したことで、最短約0.04秒の高速・高精度AFを実現。
  2. 動画撮影で使用されることが多い「AF-Cモード」設定時では、静かで滑らかなフォーカシングが可能。独自の光学設計技術により、フォーカシング時の画角変動(ブリージング)も徹底的に抑制。静止画撮影のみならず、動画撮影にも最適。
  3. フォーカスリングの回転量を検出する精度が高いため、指先の微細な動きを検知することが可能。
  4. フォーカス群を小径化するとともに、リニアモーターの配置を最適化することで、質量約360g・長さ約73.5mm・フィルター径58mmのコンパクト設計を実現。

防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用し優れた実用性を発揮

  1. 鏡筒の11ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。小雨や埃が舞う環境や、冬の天体撮影などの低温環境下でも安心。
  2. A(オート)ポジションロックを搭載。撮影時に絞りリングが不用意に動かないようロック可能。

アクセサリー

レンズフード 「LH-XF23 II」

(「フジノンレンズ XF23mmF1.4 R LM WR」・「フジノンレンズ XF33mmF1.4 R LM WR」専用)

  1. 専用の角型レンズフード「LH-XF23 II」。アルミ削り出しのデザインにより、クラシカルかつスタイリッシュな外観。「フジノンレンズ XF33mmF1.4 R LM WR」にも装着可能。
  2. メーカー希望小売価格:11,000円(税込)

まとめ

現行モデル「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」と同じ明るさに加え、最短約0.04秒の高速・高精度AFの搭載、そして防塵防滴はとても魅力です。

しかし、販売価格は、現行モデルに比べてかなりお高めのお値段。また、大きさ、重量ともに、現行モデルよりかなり大きめです。

個人的には現行モデルのほうがクラシカルなデザインで、カメラ本体のデザインと統一感があるような気がします。

この商品が発売になっても、「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」も併売するようですが、はたして、新しいレンズはどのような写りをするのでしょうか?

はやく実機に触れて自分の目で確認してみたいと思える、発売日が待ち遠しいレンズの1本です。

タイトルとURLをコピーしました