ブログのアクセス数が急に減少した!その原因と対応は?

インターネット・コンピュータ

こんにちは!「ひろ」です。

私のブログは日記&雑記スタイルで、日常生活で印象に残った出来事を自由に気ままに書いています。おかげさまでブログを始めてから1ヶ月を過ぎたあたりから徐々にアクセス数が増えてきました。そして、3か月経過した時点で1,000PV/月を超えるようになり順調に推移していました。

よろしければ、こちらの関連記事もご覧ください。

祝!ブログで月間1,000PV達成!ご覧いただいた皆様に感謝!

アクセス数はだんだんと増加していましたが、日記&雑記スタイルですので、アクセス数の急激な変動はほとんどなく、新しい記事を投稿したときや土曜日、日曜日に少しアクセス数が増加するぐらいで安定していました。

スポンサーリンク

ブログのアクセス数が激減!

ところが、2月19日に初めての記事を投稿して4ヶ月が過ぎた6月20日あたりから状況が一変してしまいました。1日平均で約40PV前後、多い日には約100PVと順調に増加していたページビュー数が急激に減少してしまったのです。その日を境にPV数が20PV/日程度に半減してしまいました。

ブログ初心者の私には急激に減少した原因が何なのかまったく見当がつきませんでした。そして、アドセンス一時停止の時のように、Googleガイドライン違反をしてペナルティを受けてしまったのかと不安になりました。

何が原因?

ネットでいろいろ検索してアクセスが急減する理由をいくつか確認してみました。

アクセス数が減少した原因は「流入経路」からわかる。

アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスで調べることが可能ということなので、Googleアナリティクスにログイン後、集客>すべてのトラフィック>チャネルをクリックして表示されるそれぞれの指標を確認しました。流入経路は、「リファラー」「ダイレクト」「オーガニック検索」「ソーシャル」などがあり、これらの指標からアクセス数が減少しているものを見つけられることがわかりました。

オーガニック検索(自然検索)流入からアクセス数が減少。

その結果、私のブログはGoogleやYahoo!などのオーガニック検索流入が75%ぐらいで、「オーガニック検索」の数が減少していることがわかりました。

GoogleやYahooなどの検索エンジンからのオーガニック検索(自然検索)流入からアクセス数が減少した場合には、主に次の3つの原因が考えられるということなのでさっそく調べてみました。

ペナルティによってインデックス削除(検索結果から削除)された。

特定のキーワードの検索順位が下がった。

サイト全体の評価が落ちて、全体的にキーワードの順位が下がった。

手動による対策

手動ペナルティの有無をGoogleサーチコンソールの「手動による対策」という項目を見て確認したのですが、それらしいメールや記載はありませんでした。Googleガイドラインの違反をしていないか不安でしたが、その不安はひとまず解消されてひと安心です。

記事の検索順位

そこで、次はGoogleサーチコンソールにアクセスして、自分のブログで上位表示されている記事の検索順位が大きく変化していないかを調べてみました。その結果、多くのアクセスを集めている記事について、ほとんど変化がないことがわかりました。

原因

残念ながら今回のアクセス数減少の原因は特定できませんでした。これはあくまでも私の推測ですが、考えられる要因としては3つぐらいかなと考えています。

ひとつは、私がブログを立ち上げた2月下旬のタイミングと春からゴールデンウィークにかけての卒業、入学、運動会、観光シーズンなどの季節イベントのタイミングが重なったことでアクセス数が順調に増加した。しかし、その季節イベント需要が終わってアクセス数が落ち着いてきた。また、増加要因のひとつにはカメラや宮島を題材にした記事が季節イベントとの相性がよかったのかもしれません。

もう一つは、6月以降になって新しい記事の投稿が減少し、記事数そのものが伸び悩んでしまったことで新しいユーザーのアクセスを集められなかった。(反省!)

3つめは、以前投稿した記事のなかに内容が古くなって旬を過ぎているものがあり鮮度が落ちている。

まとめ

ネットの記事で原因を調べていると、「アクセスが激減した原因がわからないので、そのまま継続して投稿を続けていたらアクセスが急に戻った」といった記事も見つけました。また、慌てて見当違いな対策を取ってしまう前に、まずは冷静に様子を見ることも重要といった記事もありました。

結果的には今回のアクセス数減少の原因を確信をもって特定できなかったので、私もしばらく様子を見ることにします。

アクセス数が早く以前と同じレベルまで回復することを祈りながら、過去に書いた記事のリライトや新しい記事の投稿といった自分にできる対応を続けていくことにしました。

エックスサーバー

タイトルとURLをコピーしました