富士フイルム ミラーレスカメラ「X-Pro3」の開発を発表!

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

9月20日、富士フイルムよりミラーレスカメラ「X-Pro3」の開発が発表されました!

詳細を10月23日に発表すると予告しています。いよいよ、富士フイルムファンの多くの人が心待ちにしていた「X-Pro2」の後継機種の登場ですね。

スポンサーリンク

商品概要

「X-Pro3」の特徴は、富士フイルムの発表によれば以下のような内容のようです

外観

外観上の特徴として、背面にはライブビュー用の大型モニターではなく、小さな正方形の情報パネルを搭載。一般的な背面モニターは、その背面部分をチルト式モニターのように下方向に開くと現れるようにした。同社ではこれを「Hidden LCD」と呼んでいる。

⇒背面のモニターに慣れてしまっているので、これは少し使いにくいかもしれません。

背面の情報パネルはカメラの電源をオフにしてもカラー表示が残る。フィルムカメラの背面にフィルムパッケージの切れ端を入れておくホルダーを想起させるデザイン。

⇒昔のフィルムカメラを連想させるレトロなデザインですね。これはこれで面白いかも。

小型カメラにとっては、大きさ、重さ、静穏性に加えて堅牢性も大事なポイントであるとし、外装素材にはチタンを採用したと発表。トップカバーはプレス加工で作られている。

⇒チタンとなると重量は、X-Pro2と比べると軽量化されるのでしょうか?

X-Pro3の本体カラーは、ブラック、デュラブラック、デュラシルバーの3色。「デュラコーティング」という特殊加工を施した外装は、ステンレススチールの10倍でサファイアに迫るという耐傷性を誇る。

⇒早く新色を実物で見てみたいですね。 デュラブラック、デュラシルバーが気になります。

新機能

フィルムシミュレーションには新たに「Classic Neg.」が追加。

⇒どんな写りになるのか早く確かめたいです。

「High Dynamic Range Live-View」や「Wi-Fi X RAW Studio」などを予告。またジンバルやドローンとのカメラ連携を強化し、撮影のスタート/ストップのみならず露出設定なども可能にする計画を明らかにした。

⇒詳しい情報が早く欲しい!!!

まとめ

10月26日には、東京国立博物館 表慶館で、同社主催のファンミーティング「FUJIFEST GLOCAL 2019」を開催すると予告しています。X-Pro3を始めとする最新機種が並ぶようですので実機で確認できそうです。参加のWeb事前登録は9月27日14時から受け付けとなっています。

個人的にも、どのような機能が搭載されているかとても気になります。また、販売価格もどうなるのかとても気になるところです。

発表が待ち遠しいです。

タイトルとURLをコピーしました