FUJIFILM X-T30 Ⅱ 新発売 。高画質、高速・高精度AFの小型軽量カメラ。

趣味・ホビー

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

富士フイルムから、新しい小型軽量カメラが発売されました。

従来の「X-T30」で好評だった小型軽量ボディはそのままに、ソフトウェアを刷新し、フラッグシップモデル「X-T4」と同等の高画質や高速・高精度AFを実現した「X-T30 Ⅱ」です。

従来モデルより解像度が高い162万ドットの背面液晶モニターを採用するなどハードウェアも進化しているようです。

発売時期は2021年11月。では、さっそく、その概要を紹介します。

スポンサーリンク

製品名、発売時期、価格

製品名カラーバリエーション発売時期希望小売価格
デジタルカメラ「FUJIFILM X-T30 II」シルバー2021年11月オープン
デジタルカメラ レンズキット
「FUJIFILM X-T30 II」
「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」

製品の主な特長

最短約0.02秒の高速・高精度AFにより決定的な瞬間を捕捉

  1. 約2,610万画素「X-Trans™ CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、「Xシリーズ」のフラグシップモデル「X-T4」と同等の最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現。
  2. また、像面位相差画素を全面(約100%)に配置し、画面中央から離れた位置にある被写体でも素早く正確にとらえることが可能。
  3. AFの最新アルゴリズムにより、動体追従AFの性能を従来モデルからさらに向上。カメラに向かってくる被写体のみならず、カメラから離れていく被写体も捕捉可能。さらに、顔・瞳AF機能も備えているため、動きのある被写体でも正確に追従でき、快適なポートレート撮影を実現。
  4. 暗闇に近い-7.0 EVの低照度環境下でもAFが可能なため、夜景撮影や光量が少ない屋内での撮影などでも、高精度にピントを合わせることが可能。
  5. メカニカルシャッター設定時は最速約8コマ/秒、電子シャッター設定時では最速約30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写が可能。

「フィルムシミュレーション」と進化したオート機能により卓越した写真画質を実現

  1. 独自の「フィルムシミュレーション」に、スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計した「クラシックネガ」や、写真フィルムの現像方法のひとつである「銀残し」の表現を再現した「ETERNAブリーチバイパス」など全18種類のモードを搭載。
  2. 人物の有無、色、明るさなどの情報からシーンを判別し最適な撮影設定を自動で選択する「AUTO」モード、シーンに合わせて撮影設定を選択できる「SP(シーンポジション)」モードのアルゴリズムを刷新。
  3. 「カラークローム・エフェクト(ブルー)」、「明瞭度」、「ダイナミックレンジ」などの自動調整を可能とし、明瞭で鮮やかな風景写真や、被写体を際立たせたポートレート写真をより簡単に撮影することが可能。逆光のシーンでも、白飛びや黒つぶれの少ない高画質な写真撮影を実現。

充実の動画撮影機能を搭載

  1. 6K相当の豊富なデータ量から4K映像を生成することで、ノイズが少ない高解像な映像撮影を実現。4K/30P 4:2:0 8bitでのカメラ内SDカード記録が可能。HDMI出力では、4K/30P 4:2:2 10bitに対応。
  2. フルHD/240Pのハイスピード動画撮影が可能。素早く動く被写体の一瞬のアクションも、最大10倍のスローモーション映像で再生。

優れた操作性により快適な撮影を実現

  1. ボディ天面には、本格的なマニュアル撮影を可能とする「シャッタースピードダイヤル」を採用。設定内容を常に確認できるため、電源OFF時でも次の撮影に備えることが可能。
  2. 瞬時に「AUTO」モードに切り替えられる「オートモード切替レバー」も搭載し、優れた操作性を発揮。
  3. 背面には、高解像度162万ドットの3.0型チルト式タッチパネル液晶モニターを採用。鮮明なライブビュー映像で被写体を確認することができ、静止画から動画まで快適な撮影をサポート。

まとめ

約2,610万画素「X-Trans™ CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、「Xシリーズ」のフラグシップモデル「X-T4」と同等の高速・高精度AFを実現しているのは、大変魅力的です。

「フィルムシミュレーション」に、「クラシックネガ」や「銀残し」「ETERNAブリーチバイパス」など、上位機種と同等の全18種類のモードを搭載しているのも魅力です。

でも、現在、X-T30を所有している自分としては、微妙な感じ。

これまでの「富士フイルム」さんであれば、これくらいのレベルであれば、ファームウエアのバージョンアップで対応してくれていたレベルのように思います。

「X-S10」も所有している自分としては、同等の性能は「X-S10」で十分に対応可能なので、ハードウェア面で大きな変更のない「X-T30 Ⅱ」は、スルーするつもりです。

タイトルとURLをコピーしました