1本あると何かと便利!FUJIFILM XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

XF18-55mm 趣味・ホビー
スポンサーリンク

これ1本あればなんとかなる便利なレンズ

こんにちは。「ひろ」です。

さっそくですが、フジノンレンズXF18-55 F2.8-4 R LM OISのレビューをします!

今回紹介するXF18-55mm F2.8-4.0 R LM OISは、キットレンズとは思えないくらいの性能と所有感を満たす作りになっています。

X-T20などのキットレンズを「白箱新品未使用品」や、ほとんど使用していない「新品同様品」で販売していたりするので、ネットオークションなどでこまめにチェックしていれば、比較的手ごろな価格で入手できることがあります。

皆さんカメラ買う時、多くの方がレンズキット買うのではないかと思います。ただキットレンズって初めは良くても、作りがチープだったり、使っているうちにだんだんと性能に不満が出たりした記憶はありませんか?

カメラに少し詳しい皆さんは、キットレンズと聞いてF値はどのくらいだと想像しますか?普通キットレンズといったらF3.5-5.6ぐらいですよね?

そんな中、このレンズは、広角側は半段明るいF2.8、望遠側は1段明るいF4.0という仕様になっています。他メーカーのキットレンズより性能にこだわっているのがお分かりだと思います。

少しお値段は高めかもしれませんが、富士フイルムのこだわりが感じられます。

使用感

F2.8スタートで、しっかり効く手ぶれ補正があり、小型。非常に重宝するレンズです。風景に向いた28mm広角から、ポートレート域の84mmまで幅広く使える画角も嬉しいところです。

とにかくこのレンズはキットレンズなのにとてもよく解像します。開放でも十分解像するのですが、一段絞るだけで表情がさらに変わりパキッとした解像をします。

大三元レンズのXF16-55mm F2.8とよく比較されます。XF16-55mm F2.8は確かに大三元の名に恥じない解像度を誇ります。しかしXF18-55mmと大きな差があるかと言われると、価格差ほどの差がないのではないかと思います。

しかもこちらのレンズは手振れ補正もついているので、大三元レンズの立場が微妙な感じですね。4段分の手ぶれ補正を内蔵しているのも利点です。

数字は刻まれていませんが、絞りリングがあります。レンズ本体に手ぶれ補正のオンオフと、絞りのオートとマニュアルの切り替えスイッチがあります。

旅行などなるべく荷物を軽くしたいというようなときに、これ1本あればとりあえずなんとかなるとても便利なレンズです。

2019年8月追記

富士フイルムのズームレンズに関する記事を投稿しました。よろしければこちらもご覧ください。

「富士フイルム」初心者の方にお薦めの標準ズームレンズ

初心者の方にもお薦め!富士フイルムの「小三元レンズ」3選+1!

主な仕様

10群14枚レンズと7枚円形絞り羽根で構成され、広角27mmから中望遠84mmまで、使用頻度の高い焦点域を1本でカバーする標準ズームレンズ。

開放F値2.8と明るく、暗いシーンでの撮影やボケ味を生かした撮影に適しています。フォーカスレンズ群の軽量化やリニアモーター駆動により、最速0.1秒の高速AF合焦を実現。静音性に優れており、動画撮影にも適しています。

高度な光学設計や最適な部品配置により、広角側F2.8から望遠側F4.0と明るさを保ちながら小型化を実現。レンズシフト式手ブレ補正機構を搭載。約4段分の補正効果で手ブレによる失敗を防ぎます。

単焦点レンズと比べれば、長さが約7〜10cmで、重量は310gとやや大きくて重めですが、これ1本あればなんとかなる便利なレンズだと思います。

タイトルとURLをコピーしました