カメラバッグ購入! マンフロットNEXT「MB NX-BP-GY」

趣味

こんにちは!「ひろ」(@hiroislandhiro)です。

久しぶりの投稿になります。
この度、Amazonでカメラバッグを購入しましたので紹介したいと思います。

さっそく使ってみましたが、購入して大正解でした。

スポンサーリンク

現在愛用のバッグ

「Lowepro ロープロのパスポートスリング」

今まで使用していたのは、ショルダータイプのバッグです。使っていたのはこれ!「Lowepro ロープロのパスポートスリング」です。

ニコンのデジタル一眼(D750)を使っていた時から使っており、見るからにカメラバッグといった形をしていないので選びました。どこに行くにもこれを使っています。

特長

商品の特長は、以下の通りです。

  • ミラーレスカメラもしくは、小型一眼レフカメラ+交換用レンズ1本+その他小物アクセサリーなどが収納可能
  • パッド入りのカメラ収納用インナーボックスは取り外しが可能
  • サイドから底面のジッパーを開ければ収納スペースを拡張可能
  • 肩掛けのストラップには取り外し可能なショルダーパッド付き

不便を感じた点

しかし、長く使っていると不便を感じる場面も出てきました。

小型一眼レフ標準ズームレンズ付きカメラだけを収納するなら充分なのですが、+交換用レンズ1本+その他小物アクセサリーなどを収納しようとすると容量的にあまり余裕がありません。

そのために、財布や免許証・定期入れなど出かける際に最低限必要なものを収容することが難しいのです。そのようなときには、別のポーチやバッグがどうしても必要になります。

購入したころは良かったのですが、カメラ本体に加え交換レンズなど機材が増えてくると、もう少し余裕のあるバッグがあると、バッグ1つで出かけられて便利だなあと思うことが多くなってきました。

新しいバッグの購入検討

商品購入の条件

そこで、X-T30の導入にともない、新たにカメラバッグの導入を検討することにしました。商品購入にあたっての条件は5つです。

  • カメラを収納しないときでも、旅行・普段使いの際にも違和感がないデザイン
  • バッグに背負われているような大きなサイズではなく比較的コンパクトなもの
  • レンズ付きミラーレス2台(X-T3&X-T30)+交換レンズ1~2本、もしくはレンズ付きミラーレス1台+交換レンズ2~3本が収納可能
  • 両手が使えるバックパックタイプ
  • できる限り軽量なもの

購入候補

商品レビューブログや各社HPを参考にして、条件に照らし合わせながら最終的に絞り込んだのは2つです。

Manfrotto カメラリュック NEXTコレクション コンパクト バックパック グレー MB NX-BP-GY

特長

落ち着いたナイロンの光沢がスタイリッシュなNXコレクション Dayバッグとしても使えるNXバックパック

  • 上下2気室で上段に身の回りのアイテム、下段にカメラ機材
  • カメラ収納部分に可動式の仕切り付
  • レンズつきミラーレスカメラとレンズ2本(70-200mm f4含む)とアクセサリーを収納可能
  • パッド入り、カメラ収納スペースは取り外し可能
  • 後部パネルは通気性の良いメッシュ素材で、長時間背負うことによる不快な蒸れを軽減
  • 小物の整理がしやすい、ポケット。スマートフォンなどの出し入れもスムーズ
  • 9.7インチのパッド収納可能
  • サイドポケットとストラップで三脚または一脚取り付け可能
  • 撥水素材
仕様・価格
  • サイズ(㎝)外寸:28×19×45 内寸:27×18×44 カメラ収納ケース:27×11×20 重量:0.79㎏
  • 価格:5,242円(Amazon)

エレコム 2STYLEカメラバックパック(ハイグレード・Mサイズ) DGB-S038BK

特長

両側面からすぐに取り出し可能な収納口を配置。1ランク上の機能を搭載したハイグレードモデル(Mサイズ)。 付属のカメラインナーボックスを取り外すことで、通常のバッグとして普段使いできる2STYLEカメラバックパック“off toco”

  • 持ち運びにも最適なファスナー開閉のハンドル付きカメラインナーボックスが付属。カメラ、レンズの大きさに合わせて調整可能な仕切り板付き
  • バッグ内部のファスナー仕切りを外すことで、二気室バッグから一気室バッグへ切替えられる二気室貫通構造
  • 背面に14インチまでのパソコンを独立して収納可能
  • 上部に小物を収納できるスペースを配置。内部に小物を仕分けて収納可能なメッシュポケット・ファスナーポケットと、鍵をとめられるキーフックが付属
  • 前面に小物が収納可能なファスナーポケットが2箇所。三脚を固定できる三脚ベルト付き。前面ポケット内部にファスナーの開閉を防ぐ盗難防止フック付き
  • ショルダーベルト部分にチェストベルト、ロードリフトストラップを装備
  • 表面生地全体に撥水加工
仕様・価格
  • サイズ(㎝)外寸:28×16.5×40 内寸:27×8.5×39 カメラ収納ケース:23×10.5×14.5 重量:1.485㎏
  • 価格:7,205円(Amazon)

結局購入したのはどっち?

色々悩みましたが、最終的にManfrotto マンフロットNEXT「MB NX-BP-GY」を購入しました。重量の軽さ、カメラ収納部の容量、そして価格の3点が購入決定の決め手となりました。これから愛用していきたいと思います。

実際にカメラを収納した写真も掲載していますので、皆さんの参考になれば幸いです。

正面

左側面


ペットボトルなどを収納できるポケットがあります。

右側面


ペットボトルなどを収納できるポケットがあります。三脚や一脚を固定できるゴムバンドとマジックテープ付きのベルトがついています。

背面


通気性の良いメッシュ素材

カメラ収納部


背面のファスナーを開くとカメラ収納部です。バッグからカメラ収納部のボックスを取り出すことができます。赤の長い仕切りとグレーの短い仕切りで用途に合わせて区切ることができます。落下防止の黒い固定ベルトもついています。開いたふたの部分にはポケットが3つあります。

カメラ収納部(カメラを収納した状態)


X-T3+XF18-55mm標準ズームレンズ(レンズフードを装着)とX-T30+XF23mmf2(レンズフードLH-XF35-2を装着)を収納してみました。小型の単焦点レンズならあと2本は収納できそうです。
カメラ収納部の上にある赤いキャリーバッグマークのついたベルトは、キャリーバッグの取手に固定するためのベルトです。

上部の収納部


ちょうどティッシュBOXぐらいの縦横サイズ。ティッシュBOXが2つぐらい入りそうです。コンデジや財布などはここに収納しようと思います。収納部の白いタグの下はポケットが2つあります。

背面上部にあるパッド収納部


9.7インチのパッドが収納可能だそうです。

正面のポケット


正面の赤いマークの下にあるファスナーを開くと、スマホやハンカチなどの小物を収納できるポケットがあります。

タイトルとURLをコピーしました